「出産議員ネットワーク」のFacebookページがオープンしました!
https://www.facebook.com/出産議員ネットワーク-168936690385564/

各種マスコミさんから取り上げていただいた、議員の妊娠・出産・子育てに関する相談は、このページから受付ます。

ページ開設、相談窓口設置についての思いです。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「現職議員の妊娠・出産。
  日本ではまだ稀なことです。

 私達の中にも、
 議会で初めての存在になった人も多く、
 自分も周りも戸惑っていました。
 経験者と話がしたいと思った人も
 少なくありませんでした。

 私達が個人的に経験した稀な経験が、
 妊娠・出産・子育てと仕事との
 バランスのとり方や、
 我が国の民主主義のあり方を
 一歩進めることに
 役立てることができれば嬉しいです。」

■『出産議員ネットワーク』とは

「議員在任中の出産経験のある地方議員(元職&現職)」
+ 現在妊娠中の方、将来授かりたい方で参加希望の議員がメンバーです。

■活動理念  

〇理念
『希少な経験を個人的な問題に留めず、
 成熟社会のためのスキルとしていく』  

〇目標
『どんな職業・立場にあっても
 当たり前に妊娠・出産できる社会』    

〇アプローチ
 ・経験の共有 ⇒ 課題の抽出
   ⇒⇒ 制度・しくみづくり(法・条例・議会運営)

       ⇒⇒⇒ 社会を一歩前へ進める

私が豊島区議会事務局のご協力をいただきながら、全国の議会調査に乗り出したのが昨年8月末。11月末迄に調査対象の全議会からの回答が出揃い、12月に入ってから任期中に出産した経験のある議員・元議員を調査し、個人が確定できた約70名の連絡先を一人一人調べてアプローチ。
12月22日に豊島区庁舎内で初会合を開いた。

この活動がマスコミ各社にも反響をいただき、当事者からのアプローチも増え、現在(2/10)で約60名の方とネットワークでつながることができた。
辛い経験をしてきた仲間もいたけれど、その経験を活かして、社会を一歩前へという思いを共有できて、本当に、素敵な仲間とつながることができた☆

すでに、現在妊娠中の議員や、これから授かりたいという議員からも相談をただいいており、この度の相談窓口開設となりました。
ページ運営も、活動自体も、さらに良いものにしていきたいです。

よろしければ、ページへの「いいね」お願いいたします!