最後のお訴えは、私の議員としての原点。
大塚駅北口で。

国民民主党の玉木代表が、この統一地方選の最後の応援の場所として、永野ひろ子のもとに駆けつけてくれた。

これまで私が活動してきたこと、当事者、生活に一番近いところの議員として、国の動きにも影響を与える提言、地域発で社会を一歩進める活動について、国会の立場からもご評価いただき、連携しながら社会課題を解決していくお訴えをさせていただきました。

さらに、豊島区から、子育て、障がい者支援、議会改革等、社会課題に挑んで行くために、永野ひろ子に力を与えてください!
m(_ _)m